はがきの郵便番号枠

圧着ハガキのダイレクトメールは専門業者に依頼すればコストが安い

着圧はがきの開封口

企業が自社商品やサービスを宣伝する方法にはいくつかありますが、そのうち宣伝効果の分かりやすいものにダイレクトメールが挙げられます。と言いますのも、例えばダイレクトメールにクーポンや招待券を付ければ、その反応によってどれぐらいの効果があったのかが分かるからです。
ただ通常ハガキではさほどの宣伝効果は期待できません。それよりも人の隠されたものは剥がしてみたくなるという欲望を突いた圧着ハガキがオススメです。実際ダイレクトメールには二つ折りや三つ折りの圧着ハガキが多く使われていますし、郵便料金は普通ハガキと変わりません。それでいて記載できるスペースは広いのですから、ダイレクトメールを作成するなら圧着ハガキを選ぶのがベストではないでしょうか。
最近ではダイレクトメール作成、印刷の専門業者も増えており、ネットで探せば簡単に見つかります。専門業者なら初めての方でもデザインや文字のレイアウト、印刷方法などの相談に乗ってもらえるので安心です。したがって作成は専門業者に依頼するのが良いでしょう。
料金の方は業者によって若干ばらつきがありますが、注文枚数が多ければ多いほど割引率が高くなるのは言うまでもありません。言い換えれば注文枚数が多ければ一枚当たりの単価が安くなります。

PICK UP

RECENT POSTS